FC2ブログ

Thousands of Crystals

Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chiaki goes to New York その10  - 10倍楽しむNY! -

14日、後半

今日は、8時からAvenue Qというミュージカルを予約しています。
まだ一度も生でみたことがなく、私の今回の旅でみるミュージカルの中でも秘かな本命

劇場へ行く前に寄り道をしたいので、
ホテルを出て、Grand Central駅から地下鉄で、Rockefeller Center駅へ。。

通りかかるお店などに入りながら…。
お店の人はThank you だけじゃなくて、Have a good eveningとか必ず言ってくれる。

ラジオ・シティ
CIMG3326.jpg

おしゃれウィンドウ
CIMG3327.jpg

ロックフェラーセンター!
CIMG3329.jpg CIMG3331.jpg CIMG3332.jpg
クリスマス近くにも来てみたいなぁ。

ちょっと下がってみてみたり。
CIMG3333.jpg

CIMG3334.jpg

CIMG3328.jpg
NBCのお店にも入って、Friendsのグッズやらを買う
Smelly cat のTシャツとかがあった(笑)。
レジがすごく並んでいた!だんだん時間がなくなってきて、間に合うか微妙になってくる。

劇場は南東方面なので、地下鉄ではなくてダッシュすることに
そしたら、全然間に合いました!

劇場でチケットを発行してもらう。
私の後ろに並んでいたのはイギリス人の女の子二人。アメリカ英語アクセントの真似をして笑ってる。^^;
Avenue Qこそ、アメリカ発祥のものなので、ニューヨークに来たらぜひみたい、と思う気持は、同じで、イギリス人客も多いのかも。マペットもアメリカの芸術!

ご飯を食べる時間もあった。ファストフード店へ。

クッキー大きい。
CIMG3336.jpg

ネクターという飲み物が濃い…こんなにどろっとしてるとは。
ドリンクっていうより、食べてる感じ。
CIMG3337.jpg


さて、劇場へ…

Lovely theatre!

席を案内してくれる(usher)おじさんもサンタみたいでlovely。

舞台を目の前にして…
わーー!
あのセットだ!本物だ!

トニー賞(受賞しています!)で1シーンだけみたことがあって、
それに惚れこんでそのシーンを何度もみたり、
サウンドトラックも買っていつも聞いていたのです☆

これはトニー賞の番組ではないですが、そのシーンがこれです。
じゃーん。

これは、オープニングのIt sucks to be me. という歌で、みんなで、どれだけ自分の人生がいちばんダメダメか、最悪かということを歌います。(笑)
でも、そっか、みんなそうなんだ!みんなそれぞれ色々あって、大変な人生なんだ!じゃあ一緒にがんばろう!という結論に至ります。(笑)

自分をばかだなぁ、だめだなぁ、って笑えること、大事ですね。

こじんまりとした小さな劇場。でも席は、前後で段差がかなりあるので見やすい!
座ってみてから、あ、パンフレットもらってないや、ってそのサンタのようなおじさんのところに行くと、
"Hello. Oh you want some of these? How many do you need?"って。
いくつ欲しい?って聞いてくれる。
ひとつもらう

お客さんも、すごく落ち着いてる
ちなみに、英語圏の人だらけみたい。聞こえてくる限りは。

見知らぬ者同士、必ずジョークを言い合う空気が嬉しい。
超楽しい。
隣は、私みたいな、1人で来てるブロンドの女の子♪
奥の席の人たちがいったん外に出たいみたいで通るから、私たちも立つと、
"We were waiting for you two to get comfortable"って(笑)。
(2人がもう立ち上がりたくなくなるくらい席で落ち着くのわざと待ってたんだよwみたいな)

Avenue Qそのものは…

ここからメモに書いたまま書きます…

ABSOLUTELY FANTASTIC!!!
So blooming good, a must see!!! if you understand English it's a guarantee you will enjoy it, and even if you don't... if you know the story beforehand, I am sure you'll love it! Oh where should I start...

Actually being able to see the human is not a turn-off. It actually makes it all real and better.
マペットだけではなくてちゃんとそれを動かす人も顔や体全体で思いっきり演技をしているの。
みているうちに、だんだん人間の顔ではなくマペットの顔をみている自分がいる。生きてるみたい。
So intrigued by their emotions and expressions.

1 俳優さんたち
So talented, realised they are doing like four different things at the same time: singing, acting, puppeteering, and dancing. Aren't they just amazing? One of the actors was puppeteering two muppets at once.
俳優さんたちは、人形操り、演技、ダンス、歌、と4つのことを同時にしているんだと気づく。すごい。一人で2つのマペットを操っている俳優さんも。

2 細かさ
How the muppets move obviously, but also 頭をかいたりという仕草が細かい。人間の歩き方や足の使い方、そして手が倍数あるのは何気に、みんなで手を上げたりするときに倍の迫力が出る効果があるんだね!すごく細かいところまで考えられている!

3 ユーモア
Real grown up, mature kind of humour. (Actually I knew Mamma Mia! wasn't going to be really funny to my taste. This is totally different kind of humour.)
Really silly and taking the micky out of the society and absolutely funny.
ユーモアに溢れているので、ずーっとニヤニヤしたり、声を出して笑ったり、でした!マンマミーアとはまた全く別の種類のユーモアですネ。不意を突いていたり、社会批判をしていたり、単にばかばかしい面白さであったり…おかしいです。

4 ストーリーとその深さ
Everyone's a little bit racistなど、何気にものすごく深いことをあえて明るく歌っている。
それと、私が普段考えているようなことそのものを歌ってくれていたり!It sucks to be meから、大学に戻る歌や、Purpose人生の意味は?という歌とか!
でも、あえて、面白く。アハハ。

5 音楽
Obviously. Brilliant. Perfect harmony. ぴったり合っている。鳥肌。

6 お客さんたち
Excellent. 懐かしいあのきゃーという上品でありながら本当に心からの喜び方。みんなマナーをきちんと守って落ち着いて見ている空気、笑うところで笑って。シアターは本当に、お客さんまでも含めてがシアターだもんね。みんなでいい空気をつくる。

7. 演出
よく考えられている、驚きの演出!スクリーンも使用。

最後は、総立ち、スタンディングオベーションでした。

Absolutely super. Really great. アメリカの良さがもろに出るショーでした。
Really like to recommend it to my friends & family.
Best one so far this week (by far!).

感動しすぎて勢いでグッズもたくさん買ってしまった。
CIMG3339.jpg CIMG3340.jpg

この夜は、
寝るのが本当にもったいないな、って思うくらい。
この余韻を楽しんでいたいあまりに。

一言で言うと…
"muppets for adults" 本当の大人のためのマペット、というところでしょうか!
英語が分かる人も、英語なんて全然…という人も、事前にサントラなどを聞いて予習をしたら、より、すごく楽しめると思います!

本当に最高でした。素敵な夜をありがとう~~


↓カテゴリー別ランク20位(745人中)入り!ありがとうございます!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comments - 1

ながやまさま  
コメントありがとうございます!!

コメントのお返しと言っちゃあなんですが、
ニューヨークですかぁ。いや~、写真見てるだけで
テンション上がっちゃいますねェ。

一度は行ってみたいトコです。
行く機会があったらいろいろ参考にさせて頂きますね!

それでは簡単ですが、またよろしくです!!

2009/09/12 (Sat) 13:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
Just like to share it with you, because life's for sharing.
About me
【プロフィール】
幼少時代と15歳の時からUKへ正規留学。現地の名門全寮制の高校で奨学生として寄宿舎生活。名門バーミンガム大学数学・心理学の学士号(BSc)、アストン大学院ビジネススクールにて修士号(MSc)を取得し、帰国後東京にて金融業界に身を置くかたわら執筆、翻訳を行い、その後再度渡英し税務コンサルタントとしてビッグ4にてロンドン事務所勤務。父は英語耳の提唱者である松澤喜好。英語で英語を教える教師資格を取得し、ビジネスコーチとしても活躍。

【著書】
21世紀版 マーフィーの法則:
アーサー・ブロック (著), 松澤 喜好/ 松澤 千晶 (翻訳)
ドラゴン・アイ (単行本):
ドゥガルド・A. スティール (著), 赤木 かん子 (文), (松澤 千晶(翻訳))

ツイッター @Cxm813

リンク・転送大歓迎

-----------------------

【好きな名言】

「若い時の苦労は買うてもせよ」
"Life is what you put in" (Unknown)
「実るほど頭を垂れる稲穂かな 」
"It is never too late to be what you might have been. " (George Eliot)
"Experience is the name everyone gives to his mistakes" (Oscar Wilde)
"The only measure of your worth and your deeds will be the love you leave behind when you're gone" (Fred Small)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。