FC2ブログ

Thousands of Crystals

Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいなと思う日本語

別にこれは日本語特有でもないけれど…

使われ方がちょっと特有な場面に出逢えたので^^

とあるアーティストのライブチケットを、ミクシィでの書き込みを通してとある方に譲っていただきました。

そのコミュニティーではみんな、

「このチケットの里親さんになってくれる方…」と、

買ってくれる、もらってくれる人を、里親さんと呼んでいました。

なんて素敵な呼び名の日本語だろう。と思って。
(英語だと変。)

譲ってもらった時点から、大切に、面倒をみる。
譲る側の思いも込められている。
ちょっといいな、と、こんなことに感動してしまいました。

ダフ屋など、そんな思いなど一切なしにやり取りをする人たちもいる傍ら。


ちなみに、私は、東京国際フォーラムが好きです。

雰囲気も、そこで見たショーも。

勤務地から徒歩3分。

今日、譲っていただくために、そこへ向かうと、
「譲ってください」
その文字をきれいに書いて掲げている人たちが視界に現れた。
たいていそういう人たちは、みんなひとりで立ってる。
みんなに見られて恥ずかしいとかそんな思いより遥かに強い、
ただ純粋に、好きという気持ちで。

そして譲ってもらう予定の、その説明通りの服装の女性発見!
なんか本当にいい人っというオーラあふれる方で、実際に会えて感動。
楽しんでください、そちらも明日楽しんでください!お仕事頑張って!って言ってくれて。

全然知らない方なのに、なぜか、帰り道、泣きそうになってしまいました。
i dont know if its her niceness or encounter itself or ふれ合い か…
何だか出逢いと空気に泣けそうになって、でもなんで?!と首をかしげながら帰ってきました。

コンサートを待ち望む空気や、そのバンドを好きな思いが
溢れているからかも
あそこに今夜。


だからフォーラムがすきです。


あの人たち、みんなチケット譲ってもらえますように。。




↓ランキング長方形ボックスクリックして頂けたら嬉しいです!m(_ _)m
人気ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語学習ランキング

Comments - 0

Leave a reply

About this site
Just like to share it with you, because life's for sharing.
About me
【プロフィール】
幼少時代と15歳の時からUKへ正規留学。現地の名門全寮制の高校で奨学生として寄宿舎生活。名門バーミンガム大学数学・心理学の学士号(BSc)、アストン大学院ビジネススクールにて修士号(MSc)を取得し、帰国後東京にて金融業界に身を置くかたわら執筆、翻訳を行い、その後再度渡英し税務コンサルタントとしてビッグ4にてロンドン事務所勤務。父は英語耳の提唱者である松澤喜好。英語で英語を教える教師資格を取得し、ビジネスコーチとしても活躍。

【著書】
21世紀版 マーフィーの法則:
アーサー・ブロック (著), 松澤 喜好/ 松澤 千晶 (翻訳)
ドラゴン・アイ (単行本):
ドゥガルド・A. スティール (著), 赤木 かん子 (文), (松澤 千晶(翻訳))

ツイッター @Cxm813

リンク・転送大歓迎

-----------------------

【好きな名言】

「若い時の苦労は買うてもせよ」
"Life is what you put in" (Unknown)
「実るほど頭を垂れる稲穂かな 」
"It is never too late to be what you might have been. " (George Eliot)
"Experience is the name everyone gives to his mistakes" (Oscar Wilde)
"The only measure of your worth and your deeds will be the love you leave behind when you're gone" (Fred Small)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。