FC2ブログ

Thousands of Crystals

Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のスゴイサービス②

宅急便! - これも当日届けOK!
引越し屋さん! - 速い!優しい!頼もしい!!


UK(8年前)では、引越し屋はおろか、普通の郵便だって届かない確率高いからね…(それよく笑いのネタになってました)。
でも、UKの場合は日本と違って、みんな、何についても、『間違えるのは人間だしね、困るけど想定内、もう全くしょうがないなあ。ははは』、て感じなので、いちいちムキになって苦情言う雰囲気ではない。自己責任、独立心、+愛っというか。。感覚的にだけれど、無意識なレベルで、過度に他人(この場合、郵便屋さん)に依存してないのもあるというか。。こんなシステムであることを知った上で郵便を選んで出した時点で、その方法を取った自分が責任を負うというか。。

これは小さな例だけど他の場面でもこの違い、すごく感じます。

政治も、会社でも。偉くなればなるほど責任を取る素敵な人たちもいるかたわら、いかに責任を負わないでできるかの方法を探したりすることや、責任のなすり合いなど。。(本当に先が全く不明で、とか、何かを守るために保守的に進む戦略を立てて全体的にリスクを取らないことは、いいことでもあるけれど、そうでなく、明らかに簡単にできることなのに責任とりたくないからしない、というものよくある)。

UKでは、仕事、ビジネス、サービス、は、あくまで仕事、ビジネス、サービス、であって、人間そのものとか愛とか人生においては、そこまで大事でないっていうか。むしろそれらを後退させる要素であることまで考えているというか。

UKに駐在しいてたもと・上司も話してくれました。
『まずあっちの人たちの優先順位が全然違った』『まず、愛とか友達とか人生の深さとか家族が一番で、仕事はその次だから、どんなに偉い人もみんな定時帰り』

これは、経済重視の、歴史も浅くて(別に悪い意味でなく)全然正反対のアメリカともまた少し違うのかな。

国民が大事にしてるものが、そもそも違う。どういう国になっていきたいか、どういう人でありたいか。男女ともに、賢くて、深く考えていてユーモア溢れる、人間でありたいとみんなが普通に大前提で思っている国。てか、頭いい、が最高の褒め言葉だし、ばかということが最悪の侮辱になる。ていうかそんなの当たり前な感じで!別にしかもそれも学歴とは関係なく。階級が一番下でも、wittyであることは誇りであるから。て感じです。

Comments - 0

Leave a reply

About this site
Just like to share it with you, because life's for sharing.
About me
【プロフィール】
幼少時代と15歳の時からUKへ正規留学。現地の名門全寮制の高校で奨学生として寄宿舎生活。名門バーミンガム大学数学・心理学の学士号(BSc)、アストン大学院ビジネススクールにて修士号(MSc)を取得し、帰国後東京にて金融業界に身を置くかたわら執筆、翻訳を行い、その後再度渡英し税務コンサルタントとしてビッグ4にてロンドン事務所勤務。父は英語耳の提唱者である松澤喜好。英語で英語を教える教師資格を取得し、ビジネスコーチとしても活躍。

【著書】
21世紀版 マーフィーの法則:
アーサー・ブロック (著), 松澤 喜好/ 松澤 千晶 (翻訳)
ドラゴン・アイ (単行本):
ドゥガルド・A. スティール (著), 赤木 かん子 (文), (松澤 千晶(翻訳))

ツイッター @Cxm813

リンク・転送大歓迎

-----------------------

【好きな名言】

「若い時の苦労は買うてもせよ」
"Life is what you put in" (Unknown)
「実るほど頭を垂れる稲穂かな 」
"It is never too late to be what you might have been. " (George Eliot)
"Experience is the name everyone gives to his mistakes" (Oscar Wilde)
"The only measure of your worth and your deeds will be the love you leave behind when you're gone" (Fred Small)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。