FC2ブログ

Thousands of Crystals

Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chiaki goes to New York その3 - 10倍楽しむNY! -

2009年8月12日

2個目の試験はまた朝の9時から。
今日は会場まで地下鉄で行く。

とにかくみんなによく話しかけられる!
フルーツを売ってるおじさんにも、通りがかりに
" Good morning~, have a nice day!"
って、心から。別に売る気でもなんでもなさそうなのに。How nice.

I am now wearing more "normal" nice looking clothes. Yesterday I was wearing more ださいclothes as I was travelling and wanted to be as comfortable as possible on the plane.

I pretend I work here, as I walk along the street.
朝の通勤。
みんな、coffeeか新聞か朝ごはんの茶色い袋を片手に早足で歩いてる。

…Sorry 勝手に隠し撮りしちゃった(でもdon't worry you look nice).
CIMG3025.jpg

Sweet little flower shop on the way to the station..
CIMG3026.jpg CIMG3027.jpg


The station reminds me of London alot and makes me miss it because if we look closer it's actually not London at all.
CIMG3029.jpg

Metroの7 days passのカードをゲット。5日しかいないけど、1日に2回以上は乗るからもとはとれるよな…と(結局乗り放題でもとが取れる以上にかなり乗りました)。
窓口のおばちゃんは先に自分がやってた仕事を終わらせたかったようで、すぐやってくれないから待った。
でも、10年前よりはるかにサービス良くなったしフレンドリーになったと思った。

どれだけ街にエコが溢れているのかなぁ、というのも今回の旅で見たかったポイント。
CIMG3030.jpg

My feet started to hurt from all the walking.
By this time I wondered where people go to get a plaster around here? In the UK you go to Boots, Superdrug or any other chemists. In Japan it's Matsu kiyo. (Answer to this I find out later on.)

Signが極端にシンプルで分かりやすい地下鉄。
日本みたいに満員じゃないし、誰もイライラしてないし、ストレスフリー。

In the day time everywhere you see, everyone is a tourist but early in the morning you get to see the locals.

ちなみに、都会なのに、これだけ話しかけ合うというのは、ひとつの知恵なのかもネ。
さみしくならず、人間らしくいるための。
Londoners talk too, but here everyone is more relaxed.

What I bought was The New York Times,
but actually what everyone was reading (in the subway, the streets etc) was the free paper so I picked that up too. (Again, this is so much like London!)

試験会場の1階のスタバで朝ごはんとコーヒーを買う。

CIMG3033.jpg

Free paperは、まだ若いHannah Montana (Miley Cyrus)が昨夜、ポールダンシングをしてそれは子どもも見るのにinappropriateではないかという記事が1面。
2面からは普通に政治や社会的な記事。

窓の外を見ると、これから会社に行くと思われる人たちがこぞってゆったりと新聞や本を読んでいる。
いいね。
日本みたいに、少年漫画や裸の女性の載ってるスポーツ紙なんか読んでる人なんて(地下鉄とかにも)もちろん一人もいない。
CIMG3037.jpg

CIMG3038.jpg
↑Some sign... NYが厳しくなり治安が良くなったってこういうことかな。
CIMG3039.jpg

そして…
Exam was tough!
I couldn't do too well this time... I decide to study harder if I will ever take it again.

終わってまた1階に降りてきてゲートを出ようとすると、暇そうにしてたsecurity guardが、
"No I'm sorry, you can't (get out)." とか言ってる。
"huh?!"って感じの顔したら、
"Haha I'm just messing with ya" って。(笑) Oh god. These people are far too friendly. (I love it.)
遊び心。

One thing I noticed - people like to sit outside.
カフェとかもあるけど、とにかく外が気持ちいいし、座れるところが沢山あるから。
外の空気を感じたり。
私も、やっと今回の目的の試験が終わって開放感!
気持よさそうなのでつい座る。緑も適度に植えてある。というかそうできるところを東京中探して歩き回った週末もあった…。こういうの、自然と求めてた…。
この、日本みたいにやたらとじろじろ人が見てくる目とかがない感じ、懐かしい、うれしい。いるだけで、自分でいられて楽。
CIMG3040.jpg

CIMG3042.jpg

すぐそこにある、Madison Square Gardenへ。
CIMG3043.jpg CIMG3044.jpg
バスケが好きな人の為に本場のお土産購入。お店の人とも、迷いながら相談しながら買える、楽しさ。
CIMG3045.jpg

ひひひ… そしてまた近くにある、Macy'sに入ります…
入ったら… woooow. My mum would love this place too!
既に高いテンションがさらにここでもっとびゅーんと上がります。
線がきれいな服がたくさん!
アクセサリーもよさそうなのがたくさん。
I see so it's like Bhs or Cavendish house sort of store.

お店の中がクラブみたい。趣味の良い(!)というか私の大好きなhip hopが流れてて、買い物しながら踊りたくなる~。
This is another great thing about NY~~ they have the latest and best music everywhere we go~~

木のエスカレーター。
CIMG3049.jpg

服を買って、地下まで行っていろいろ見て…
いい加減足が疲れたし、何かお腹に入れないと、と、Macy'sの中のCellarのレストランへ。
1人でもOK?と思ったら、ちゃんと奥の方に連れて行ってくれて、隣も女性一人でランチ中。
CIMG3055.jpg

少しでもヘルシーにと、Cobb saladをオーダー。

…でもdishは大!Such a big meal for a small person.
CIMG3057.jpg
大きくて皿からこぼれる。お肉もチーズもたっぷり。
サービスはおせっかいなくらいすごい。チップあるからね…。


30分後…


CIMG3061.jpg
hmm...頑張ってるが全然減ってない!


野球やってる。
CIMG3062.jpg

食べ終わって、外へ。
CIMG3063.jpg

CIMG3064.jpg

CIMG3067.jpg
Is it? Well if you say so...

その周り… ゆったり座るスペースとか
CIMG3068.jpg CIMG3069.jpg CIMG3070.jpg


っていうかまだ1日の半分も書いてないね!>_<
でもこの辺で一時停止…
つづきまた書きます。

 人気ブログランキングへ

Comments - 0

Leave a reply

About this site
Just like to share it with you, because life's for sharing.
About me
【プロフィール】
幼少時代と15歳の時からUKへ正規留学。現地の名門全寮制の高校で奨学生として寄宿舎生活。名門バーミンガム大学数学・心理学の学士号(BSc)、アストン大学院ビジネススクールにて修士号(MSc)を取得し、帰国後東京にて金融業界に身を置くかたわら執筆、翻訳を行い、その後再度渡英し税務コンサルタントとしてビッグ4にてロンドン事務所勤務。父は英語耳の提唱者である松澤喜好。英語で英語を教える教師資格を取得し、ビジネスコーチとしても活躍。

【著書】
21世紀版 マーフィーの法則:
アーサー・ブロック (著), 松澤 喜好/ 松澤 千晶 (翻訳)
ドラゴン・アイ (単行本):
ドゥガルド・A. スティール (著), 赤木 かん子 (文), (松澤 千晶(翻訳))

ツイッター @Cxm813

リンク・転送大歓迎

-----------------------

【好きな名言】

「若い時の苦労は買うてもせよ」
"Life is what you put in" (Unknown)
「実るほど頭を垂れる稲穂かな 」
"It is never too late to be what you might have been. " (George Eliot)
"Experience is the name everyone gives to his mistakes" (Oscar Wilde)
"The only measure of your worth and your deeds will be the love you leave behind when you're gone" (Fred Small)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。