FC2ブログ

Thousands of Crystals

Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【寄り道日記 例えばなし】

鋭い指摘や生産性のある気づかせるプラス要素の入った意見や、前に進む、自らが行動できるための意見ではなく、
ただ、文句や今回の結果について悲観的なことばかり(特に、どの政党も変わらないからといって、それだから無意味とか)言ってしまうのって…
気持はすごーくわかるけれど、ある意味、
例えば…

「何が食べたい?どこ行きたい?」「あそこはどう?」と聞かれて…、

「あそこはイヤだ。

「じゃああそこのお店は?」

「変わらない。イヤだ。

と、言ってるようなものだと思えてしまいます。
こういう人、こういう場合、実生活でもちょっと困りますよね(笑)

じゃあどうしたいの!
代替案は?
そりゃ全部かなり悪いけどさ!(そんなこと昔からわかってるよ!)
このまま何もしないでぼけっとたたずみますか?
…って言いたくなってしまいますよね

そこまで大した店がない中、生き延びなければならないとしたら、ただタダをこねて文句を言って、どこもろくでもないとただ口では言いっ放しで、自分は何もしない。

そうでなく、自炊したり、自分がお店を開く(自分が立候補して政治家になる)か、中でも一生懸命まだましなところを選ぶか、そしてそこが良い活動をできるような、ましな料理を作るような厳しい目を向けるとか、そうできるような社会にするかとか、色々試行錯誤はできますよネ!
その町をなんとかもっと美味しい町にしようと、食材を紹介したり、勉強したり、他にも何かしらできることをしたり…。
最悪なりに、なんとかしよう、良くしよう、ってみんなが思ったらきっと変わる!はず!

でも、前へ進まないということは、結局そこまで困ってないんですよね。

しかも、皮肉なことに、これらのお店は、お客さんのレベルに合わせてるんですよね…。
「これくらいで喜んだり我慢してくれるだろう」
と、ある意味なめられている…。
彼らも汚いかもしれないし人間的にだめかもですが、バカじゃないから…。

お客さんが賢くなり、受け身でなく積極的になったら、お店も危機感を持って、質を上げます!

消去法にせよ、一票を入れるとき、入れた後もその責任を持てる人たち、とても素敵です…☆

Comments - 0

Leave a reply

About this site
Just like to share it with you, because life's for sharing.
About me
【プロフィール】
幼少時代と15歳の時からUKへ正規留学。現地の名門全寮制の高校で奨学生として寄宿舎生活。名門バーミンガム大学数学・心理学の学士号(BSc)、アストン大学院ビジネススクールにて修士号(MSc)を取得し、帰国後東京にて金融業界に身を置くかたわら執筆、翻訳を行い、その後再度渡英し税務コンサルタントとしてビッグ4にてロンドン事務所勤務。父は英語耳の提唱者である松澤喜好。英語で英語を教える教師資格を取得し、ビジネスコーチとしても活躍。

【著書】
21世紀版 マーフィーの法則:
アーサー・ブロック (著), 松澤 喜好/ 松澤 千晶 (翻訳)
ドラゴン・アイ (単行本):
ドゥガルド・A. スティール (著), 赤木 かん子 (文), (松澤 千晶(翻訳))

ツイッター @Cxm813

リンク・転送大歓迎

-----------------------

【好きな名言】

「若い時の苦労は買うてもせよ」
"Life is what you put in" (Unknown)
「実るほど頭を垂れる稲穂かな 」
"It is never too late to be what you might have been. " (George Eliot)
"Experience is the name everyone gives to his mistakes" (Oscar Wilde)
"The only measure of your worth and your deeds will be the love you leave behind when you're gone" (Fred Small)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。